ITILならこれがおすすめ!6サイト徹底比較

ITサービスマネジメントを適正化する

安定的で効率的なITサービスの供給を目指して1989年に公表されたITILは、いまや全世界でITサービスマネジメントの標準として採用されつつあります。もちろん日本でも例外ではなく、ITILの積極的な活用に関しては総務省も言及しているところです。

ITILを導入することで、運用コストの削減や作業ミスの軽減、プロセスの可視化など、さまざまなメリットが得られます、そのためには、専門的な知識を備えた人材を育成すると同時に、ITILに準拠した統合運用管理ツールを揃える必要があります。

このサイトではITIL準拠の管理ツールを紹介し、企業規模別・費用別に比較しています。せっかく採用したシステムが宝の持ち腐れにならないように、拡張性や導入のしやすさなども参考にして、自社に最適なITILツールを選んでください。

SmartStage|スマートステージ

オススメ度
★★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
サービス性
★★★★★
顧客満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 即座に問題を解決して社会に貢献します。
  • 機能性と柔軟性があるので、実用的です。
  • 大手企業のIT部門に採用されています。

SmartStage|スマートステージは柔軟性と機能性があるので、実用性があって、数多くの大手企業に採用されています。また、システム運用の改善とコスト削減を実感することができるので、満足度が非常に高いです。

ITILのコアプロセスをすぐに活用することができたりして、業務の改善効果を短期間で感じ取ることができるので、通常よりも業務を効率的に進めることができます。既存運用をシステム化できるように即座に変更なので、素早く対応できます。

クリエイティブなITサービスを実現するために数々の企業に導入をすすめているので、実績があります。セキュリティが厳しい国際空港でも導入しているので信頼性があります。

オリゾンシステムズ

オススメ度
★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★
サービス性
★★★★
顧客満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • ITILに準拠した管理プロセス
  • webベースでわかりやすい画面
  • 低価格での導入が可能でハードルが低い

オリゾンシステムズ株式会社では、ITILに基づいた設計のサービスデスクツールを販売しています。インシデント管理プロセスを基本に、さまざまなオプションサービスがあります。資産管理機能や、それに準拠したサービス機能の導入などができます。

操作の画面はWebベースなので、直感的に理解がしやすいです。見慣れた画面形式なので初めての人が操作を覚えるのにも適しています。ツールの導入方法には、自社にインストールする方法・オンデマント利用・プライベートクラウド利用の三つの方法があります。

低価格で導入しやすいところも、オリゾンシステムズ株式会社の提供するサービスの特徴です。5オペレーターで導入の場合で、60万円代というリーズナブル具合です。ほかの機能も、30万円代・40万円代で導入できます。

NTTテクノクロス

オススメ度
★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★★
サービス性
★★★
顧客満足度
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • メディア系技術とAI技術のどちらにも強い
  • 顧客に合わせた柔軟なカスタマイズ対応
  • 情報・通信業界き限らず、多様な業種・業界での導入実績

NTTテクノクロスはその名にNTTがあるように、NTTで古くから培われていた音声や映像といったメディア技術とそれを活用するAI技術を一つとしてます。その技術を活かし、顧客のビジネスのITサービスマネジメントを行っている会社です。もちろんITILに準拠したサービスマネジメント基盤製品を提供しています。

インシデント管理やメールや電話の問い合わせの一元化など各企業の要望に応えシステムを構築しています。現行業務に沿ったフローをシステム化し、提供しています。マルチデバイスや日本語以外の英語や中国語についての要望にも応えています。

確かな技術と顧客への対応力からNTTテクノクロスのITILサービスはさまざまな業種で採用されています。メール誤送信を未然に防ぐ、タブレットやスマートフォンでも業務が行えるといったどの業界でも必要なことを中心に、公共サービス、金融、流通、製造など導入実績は多岐にわたります。

富士通

オススメ度
★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
サービス性
★★★
顧客満足度
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 不慣れなITサービズマネジメントをサポートしてくれる
  • 顧客が期待しているサービスを提供していること
  • 運用プロセス診断によって、もっと課題やリスクを明確にしてくれる

富士通が誇るITILでは、ITビジネスを始める企業や運営を進めてきた企業に向けて、サービスを提供しています。特に、顧客の期待や要望に耳を貸して、サービスを受けることで、どう改善できるかを提示しています。

いままで運営を進めてきたのに、今一業績に反映しないことがあります。運営プロセス診断を受けることで、課題やリスクを明確化していきます。また、それらを解決してくれるのに、効果的なツールを適用することができます。

お問い合わせも、Webから直接入力する方法も、電話で問い合わせることができます。直接入力では、セキュリティを考慮して、SLL技術が導入されています。安心して、問い合わせることができます。

スマートビズ

オススメ度
★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★★
サービス性
★★★★★
顧客満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 運用品質の改善や向上を行うことができる
  • 運用コストの抑制を行うことができる
  • 顧客サービスの向上が期待できる

スマートビズは、ITILサービスを提供しています。ITの導入は、どの会社でも行われていますが、その運用が適切に行われていることが少ないため、担当者に不満があったり、コストが無駄にかかったりしています。

この会社のスマートビズであれば、データの収集や分析、運用ドキュメントの一元管理により、運用品質の向上ができます。また、障害発生時の迅速な対応、無駄や煩雑な作業の削減で運用コストの抑制を行うことができます。

さらに、よくある質問等の蓄積や提供、タイムリーであったり、定期的なレポートの提供によって、顧客サービスの向上が期待できます。このように、多くのメリットがあります。

シーイーシー

オススメ度
★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★★
サービス性
★★★
顧客満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 3つの事業部が顧客のニーズに素早く対応します。
  • 専門チームがシステム構築をバックアップいたします。
  • 高度なセキュリティのデータセンターがお客様のビジネスをバックアップいたします。

日本におけるビジネスシーンは大きく変化してきています。もっとも大きな変化はやはりグローバル化の進行になります。日本企業にとっても海外市場が主戦場となっていますし、国際的な企業間競争は熾烈となってきています。

この流れは今後もますます加速していくことでしょう。これに対応していくにはビジネス運営の効率化、スピードアップが重要です。それを実現するにはインターネットシステムの活用が絶対です。特に大手企業ばかりではなくて、中小・零細企業においても必要不可欠です。

ですが規模の小さな企業にとっては、システム構築のノウハウは乏しいですし、費用的な負担も非常に大きくなってしまいます。そこで活用したいのがITILです。シーイーシーのように顧客のニーズに細かく対応してくれるサービスも増えてきています。

知ってみると可能性を感じるITILの世界

現代社会ではコンピュータを使ったビジネスにおいて、先進諸国の発展を支えている存在になっているといえます。AIなどの人工知能に関する精度なども上がっていますし、これからの社会にとって重要になっているといえます。ITはビジネスにとって向上させる重要条件となっていて、ITをサービスとしてマネジメントする能力は企業においての競争を高めてくれるものです。そのためにITに関連する作業では、スペシャリストを養成したり機能サービスなどを充実させることで、価値を高めていることになります。アウトソーシング・ビジネスが始まったのは日本では1990年頃からになりますので、欧米諸国と比べると10年くらいの遅れはあるものの、圧倒的な作業効率を上げるという文化を持っていることで追いついています。

とりわけこれからのインターネットテクノロジーを推奨していくためには、ITILの存在が大切なので対応する力も求められています。一般ユーザーが使っている様々なサーバーやネットワークがトラブルによって不都合になった場合には、予期せぬ事態も含めた対応力が必要なので、専門的な知識や経験がいります。しかし、ほとんどの企業ではすべてのシステムを統括しているのではなく、子会社がやっていることが多いために、対応などが難しい場合も少なくありません。近年はコスト削減というキーポイントがありますので、ITの運用がコスト削減に繋がっていることがわかっているために、企業でも力を入れるようになりました。少しでも専門分野を通したコストを下げたいということもありますので、ITILの可能性が高まっています。

わかりやすくいえばITILは攻略本となりますので、IT運用ノウハウからこれを分析してガイドラインとしてまとめたものとなります。活用の方法としては企業がどのようなビジネス展開をしているかという点を忘れてはいけないです。まずは企業自体がどのようなことを目的としているかによって、ITILが生かせるかどうか決まってきます。これは多種多様な業態の中でやっていくことができる応用力ということでは、とにかく優れているからだといえます。ひとつの考え方で攻略するのではなく、色々なベースから考えてることによって、より精度の高いビジネスをできるようになるといえます。インターネットテクノロジーは難しい世界に感じますが、一度足を踏み入れてみると可能性を含めたこれからの時代に必要なことだとわかります。

カテゴリ